月の河(仮)

苦しみに埋もれて
息が止まるのは
また無理な心の衝動

あなたの幻影に
取り憑かれたまま
重ねた魂に焦がれても
また届かない

この槍を胸に突き立てて
また全て封じ込めて

”今”その手に触れたい
抱きしめたい
すぐに迎えにいきたいのに
あなたの声は
宇宙を飛ぶクジラに
かき消されている
100年前の約束
月の河でずっと
待っているよ
そして星に溶けて